UK




日付 スケジュール 宿泊地
1day
2012.9.1
 British Airways
BA0008 羽田 6:25−ヒースロー 10:35 (13h)
BA8110 ヒースロー 13:25−マンチェスター 14:30 (1h)
 FirstTransPennine(NORTHERN RAIL)
マンチェスター空港駅 15:41−リバプールライムストリート駅 16:48(1h)
リバプール
2day
2012.9.2
 サッカー観戦 リバプール - アーセナル リバプール
3day
2012.9.3
 Virgin Trains
リバプールライムストリート駅 14:48−ユーストン駅 16:59 (2h)
ロンドン
4day
2012.9.4
 ロンドン観光 ロンドン
5-6day
2012.9.5-9.6
 British Airways
BA0005 ヒースロー 13:30−成田 09:05 (10.5h)
機内



羽田-ヒースローの機内食(朝)

羽田-ヒースローの機内食(夜)


ヒースロー-成田の機内食(昼)

ヒースロ-成田の機内食(夜)





リバプール Novotel Liverpool Centre
ロンドン  Park Plaza Westminster Bridge London 

リバプールで宿泊した Novotel Liverpool Centre
リバプールONE(ショッピングセンター)が近くにあって便利。

部屋は広いし、バスタブがあって過ごしやすい。




ロンドンで宿泊した Park Plaza Westminster Bridge London 
テムズ川の近くだから、ビッグベンがよく見えた!立地よし!!

リビングとベットルームが分かれてる広いお部屋。





ポンドは日本で両替した方がレートがいい。
それよりもクレジットカードで買物する方がもっとお得!
今回はほとんどクレジットカードで支払い。
両替で£1=134円、クレジットカードで£1=127円



早朝発の飛行機のため、前日の最終電車に乗って羽田空港へ。
羽田空港国際ターミナルは24時間開いているの。
出発までご飯食べたり仮眠したり。

6:25 羽田出発

夜食がたくさん!

その中でも一番テンションがあがったのがコレ↓

飛行機の中で食べるカップラーメンは本当美味しい!!

10:35 ヒースロー空港到着

ヒースロー空港はすごく大きい!
Terminal5に到着してマンチェスター行きの飛行機はTerminal1から出発。
ターミナルの大移動!!(連絡バスで10分)

少し時間があるからカフェへ。

サラダとスープセット(£19.20=¥2,438)

マンチェスター行きの飛行機がセスナ並みの小ささでビックリ!!

13:25 ヒースロー空港出発

14:30 マンチェスター空港到着

マンチェスター空港からリバプールまでは電車移動(FirstTransPennine)
Terminal3に到着して、Terminal1とTerminal2の間にある駅までは歩いて15分とちょっと遠かった。
FirstTransPennineのチケットはネットで手配。(£13.5=¥1,715)

チケットにはエコノミーとファーストクラスの料金があったけど、ファーストクラスらしき車両はなかったよ・・・

15:41 マンチェスター空港駅出発

マンチェスターは通過しただけだけど、少し街並みが見れた。


16:48 リバプールライムストリート駅到着


駅の隣には『St George's Hall』

世界的歴史文化財で、ネオ・ギリシャ建築の最高傑作のひとつ。
ジョン・レノンを追悼するために数万人近い市民が集まった場所としても有名。

荷物を置きにホテルヘ。
ホテルまでは街並みをゆっくり見たくて歩いて行くことに。

奥に見えるのが「Radio City Tower」

ここに登ると街がすべて見渡せるらしい。

駅からホテルまでは歩いて10分程。
リバプールは街全体が小さいから徒歩圏内で色々行けちゃう。

翌日のサッカーチケットを無事受けとり、早速ショッピングモール『Liverpool ONE』へ。


目当ては『Liverpool FC OFFICIAL CLUB STORE』

何店舗かあるうちLiverpool ONEにあるこのショップが一番大きいらしい。
明日の試合に向けて、ユニフォームやマフラーを購入。(ユニフォーム1枚 £60=¥7,620)

ユニフォームはその場でナンバーを入れてくれるんだけど(20分)、閉店ギリギリに行ったから間に合わなかった。
というか、19時にお店が閉まっちゃうの。早いよね。
仕方なく明日試合の前に取りに来ることに。


19時を過ぎてもまだまだ全然明るいので港までお散歩。

奥に見えるのは「Liverpool Town Hall(市役所)」
リバプールでは最も古い建物の一つ。

街並みがキレイ。


港に到着。

■■■英国の世界遺産@「リヴァプール-海商都市」2004年に世界文化遺産に登録■■■

18〜19世紀の大英帝国の絶頂期を支えた港町で、新大陸からの産物を輸入し産業革命で大量生産された
製品を世界中に輸出する貿易の拠点として急激な発展をし大都市となった。当時の施設が残る港湾地区
と豪華な建物が並ぶ古い市街地が世界遺産に登録。
Pier Head(ピア・ヘッド )、The Stanley Dock Conservation area(スタンリー・ドック保存地域)
Albert Dock(アルバート・ドック)、Castle Street Conservation Area(キャッスル・ストリート保存地域)
William Brown Streetウィリアム・ブラウン・ストリート)、The Ropewalks(ロープウォークス)の6つの区画が対象。

このあたりは「ピア・ヘッド」
「The Three Grace(三美神)」と呼ばれる3つのビルがあるの。

奥から「Royal Liver Building」「Cunard Building」「Port of Liverpool Building」

「Royal Liver Building」の時計台は英国一の大きさ。ビッグベンより大きいんだって!

時計台には「Liver Bird(ライバーバード)」というリバプールの街のシンボルである伝説の鳥が2羽いるよ。
1羽は港を向いていて船員の安全を見守るメスの鳥、もう1羽は街の平和と安全を見守るオスの鳥なんだって。
メスはハンサムな船乗りがマージー川を上がって港にやってこないかを見ていて、
オスは市内のパブを見ている、なんて噂も。
Liverppool FCのエンブレムにもなってるの。

「The Three Grace」の向かいのマージー川。

海みたい!

「Albert Dock」

Albert Dockは、テート・リバプール(美術館)、マージーサイド海洋博物館、ビートルズ・ストーリーなどの観光名所がたくさん。
倉庫だった外観はそのままで素敵。
今回は時間がなかったから遠くから眺めて終わり。

夕飯を食べに「MATHEW STREET(マシューストリート)」へ。

ここはビートルズファンのメッカらしい。

今日の目当てはこの通りではなく、この先にある『CAFE SPORTS ENGLAND』

ここはリバプール選手ジェイミー・キャラガーがオーナーのレストラン。

キャラガーのお店だけあって、リバプールのユニフォームを着ている子がいた。

この旅初のフィッシュ&チップス!!

フィッシュは身がプリプリでジューシー!
サラダとスパイスチキンも美味しい!(£35=¥4,445)

イギリスはご飯が美味しくないってよく聞くけど全然!どのメニューも美味しかった。

移動疲れと時差ボケで今日は早めにホテルへ。

23:00 就寝



8:00 起床

昨日購入したユニフォームは10時に取りに行くからまだ時間があるので
とりあえず朝食を食べにLiverpool ONEにあるカフェ『CAFE ROUGE』へ。

ndは待ちきれなくて日本から持ってきたユニフォーム着てる(笑)

店内はイギリスっぽい雰囲気でかわいい。


イングリッシュブレックファースト(£10=¥1,270)

ソーセージ、目玉焼き、マッシュルーム、トマト、パン。
パンはカリカリでラスクみたいだった。

店内には全身リバプールユニフォームの男の子が!
試合日だからユニフォーム着ている人がたくさん!!

私たちもユニフォームを取りに行って、急いでお着替え。

ちょっと寒かったから勢いでパーカー買っちゃった。(もちろんLiverpoolFCの)
下にはユニフォーム着てマフラー巻いて準備万端!
さぁいよいよ『Anfield(アンフィールド)』へ!!


アンフィールドの行き方*********************************
アンフィールドまではバスで20分くらい。
リバプールライムストリート駅の向かいにあるバス停「Queen Square Bus Station」の6番乗り場から17番のバス。
15分間隔で走っているから時刻表はチェックしなくても大丈夫そう。

運転手に行き先(アンフィールドで通じる)を伝えて、お金を払って乗車(£1.9=¥241)
停留所のアナウンスはないから近付いてきたら『STOP』ボタンを押す。
今日のバスは乗客がほとんどリバプールのユニフォームを着ていたから何もしなくてもアンフィールドで止まってくれたよ。
********************************************************

道にリバプールサポーターが増えてきたけどアンフィールドが近いのかな!?

11:30 アンフィールド到着

バスはアンフィールドの目の前に止まってくれる。

キックオフ1時間半前

すでにサポーターでいっぱい!
ヤバイ!!!
憧れのアンフィールドに興奮しまくり!!


門にライバーバード!


Bill Shankly(ビル・シャンクリー)の銅像

ビル・シャンクリーは1970年から10年間Liverpool FCの黄金時代を築いた有名な監督。
国内外のタイトル獲得数はなんと19回!!

キックオフ1時間前

キックオフまでは時間があるけど、練習も見たいから開場と同時に中へ。

カード式チケットをゲート入口に差し込んで入場。

ゲートがすごく狭い!!
私が通るのも一苦労。。。

いよいよ席へ。

気になっていた席はココ。

キャーーー!
前から5列目だよ!!!
こんなに良い席だと思ってなかったよ。
感動!!!
そして憧れのKOP席!!(KOP席はゴール裏側のリバプールサポーター席)
※手前にある白いゴールは練習用のゴール。

昨日買ったユニフォームを着て写真撮りまくり!
もちろんナンバーは8 ジェラード!!
私完全に浮かれてます(笑)

チケット手配************************
チケットは、「ワールドスポーツコミュニティ」で手配。
決め手は、エリア指定(KOPスタンド指定)ができたのと安心の補償(ストライキや天候不良で試合中止もあるので)
チケットの受け渡しは宿泊先のホテルで日本人スタッフから手渡し。
リバプール - アーセナル 1枚45,000円(補償+スタジアムツアー込)
今思うとすごく高いよね・・・勢いで行くしかない!!
※今回はビッグマッチだったためチケット代が高かったが、相手によってチケット代は変動
************************************

浮かれている私に冷たい視線・・・


レイナが練習しに出てきた!!
みんな拍手でお迎え。

続けて他の選手も。
キャーーー!ジェラードが来たーー!!!

こんなに近くにジェラードがいるなんて夢みたい!!

キックオフ15分前

だんだん人が入ってた。
スタンドではお酒が飲めないから地元サポーターたちは外でビールを飲んでいて
15分くらい前にならないと入ってこないの。

目の前のネットがはずされて、サポーターがフラッグの用意を始めたよ!

The Kopのシンボルフラッグ、大きなライバーバードをみんなで広げよう!!

選手入場!!

マフラーを掲げて応援歌「You'll Never Walk Alone」(Chant)を歌います。

もうシビレる!!!
スタジアム全員でのYou'll Never Walk Alone大合唱!!
興奮して鳥肌が止まらない!!!

スタメンは、レイナ アッガー シュクルテル ホセ・エンリケ ジョンソン
シャヒン アレン ジェラード スターリング ボリーニ スアレス

13:30 リバプール - アーセナル キックオフ

前半 かなり押しているのになかなか点が入らない。
焦っていると、31分あっさりアーセナルに点を取られてしまった・・・

ガンバレー!!!

イングランドでは立って観ることが禁止されているからみんなちゃんと座って観てる。
でも惜しいシーンや危ないシーンではついつい立ちあがって見ちゃうよね。

前半終了 リバプール 0-1 アーセナル

後半が始まり、今度はKOP席に向かって攻めるからコーナーキックになればジェラードが間近で見れる!!
と期待してたのに、何度かコーナーキックがあったけど蹴るのはジェラードじゃないよ。。。
もう!ジェラードを近くで見れるチャンスなのにーー!

4度目のコーナーキック。
来た―ーーー!!

ジェラード来たーーーー!!

すごい近くにジェラードがいるよ!!!
ヤバイ!!
ドキドキが止まらない!!

しかし得点のチャンスもゴールできず・・・
気付けば0-2で試合終了。

1点も入らず、ゴールの喜びをKOPSたちと分かち合えなかったよ・・・
初めて見に来た試合でゴール&勝利なんて贅沢だったかな。
今期初勝利を逃し、試合が終わる前から席を立つ人がたくさんいた。
残念だけどしょうがない!
また来よう!そして次こそゴール決めてね!

試合が終わるとさっさと外に出される。
気持ちを切り替えて、選手の見送りへ。

いつもならサインや握手をしてくれるらしいけど、今日は負けたしそのまま帰っちゃったよ。
でもジェラードのスーツ姿見れて萌え萌え。

スタジアムを一周して帰ることに。

「ヒルズボロの悲劇の記念碑」(写真左)と「シャンクリー門」(写真右)


ヒルズボロの悲劇************************************
1989年イングランド シェフィールドのヒルズボロスタジアムで行われたFAカップ準決勝
リバプール対ノッティンガム・フォレスト戦で発生した事故。
ゴール裏の立見席に収容人員の2倍を超えるサポーターが押し寄せたことで将棋倒しが発生し、
死者96名、負傷者766名を出す大惨事となった。その後イギリス内のスタジアムの安全対策の強化、改修を促すことになる。
この事故はイギリスのスポーツ史上最悪の事故と言われている。
アンフィールドで事故が起きたわけではないが犠牲者の多くがリバプールのサポーターであったため、その追悼のために建てられた。
この事故で亡くなった最年少の少年はジェラードの従兄弟。

今までファンの暴徒化が原因とされていたが、2009年に設置されたヒルズボロ独立委員会による再調査が行われ、
事故から23年経った2012年9月 警察の観客誘導ミスだと判明した。
(警察はこの不手際を隠蔽してすべてをリバプールサポーターの過失にしようとしていた)

真実が明らかになって初の試合では、客席に「JUSTICE」や「THE TRUTH」の人文字。
選手たちは、亡くなった方の数である「96」番のウェアを着て入場し、96個の風船が空に放たれた。

この試合でジェラードはゴールを決めたの!
天に投げキッスしている姿に胸が締め付けられたよ。



***************************************************

シャンクリー門には「You'll Never Walk Alone」が掲げられている。

帰りもバス。
バスや車は通行止めになっているから試合後すぐだと歩いて最寄駅(サンドヒルズ駅)まで行かなきゃだったり、
人もゴチャゴチャしてて大変だけど、選手の見送りしてたらちょうど人も減り通行止めも解除されてバスで帰れた!
なぜか帰りは行きより£0.1高い£2(\254)

帰りはリバプールライムストリート駅で降ろされた。
おかげで駅から港にいるライバーバードが見えたよ!

駅から見えるなんて思わなかったから感動!!

行きから目を付けていたQueen Square Bus Station近くにあるリバプールFCショップへ。

Liverpool ONEにあるショップに比べたら狭いけど商品がキレイに陳列されてて見やすかった。

一旦ホテルへ。

19:00 マシューストリートへ

マシューストリートにはビートルズショップやビートルズゆかりのクラブ、パブがたくさんある。


THE CAVERN CLUB(キャバーンクラブ)跡地


THE CAVERN CLUB*********************
ビートルズが292回も出演した伝説のクラブ。
1957年 ジョンが16歳、ジョージが14歳のころにここで初演奏。

もともと酒を貯蔵する地下倉庫を利用して1957年にジャズクラブとしてオープン。
ビートルズがロンドンに行ってから地下鉄工事のためとり壊されたが、1999年にレプリカのキャバーンクラブが復活。
今も町の名物クラブとして賑わっている。
************************************

当時の様子。

ランチタイムコンサートの行列。
この噂を聞きつけたブライアン・エプスタインがランチタイムコンサートを見に来てマネージャーになりたいと志願したそう。

現在のTHE CAVERN CLUB。

ライブハウスは地下2階。

CAVERNは洞窟って意味。
本当洞窟って感じ!

ビートルズを演奏してくれるかと思いきや全然やってくれなかったよ。
ビートルズ感味わいたかったな。

夕飯を食べに今日も『CAFE SPORTS ENGLAND』へ。

海老のトマトソースパスタとサラダ(£23.90=\3,035)

味付け私好みで美味しい!!
スポーツバーらしくちょうどレアルやバルサの試合がやってて楽しかった。

食後は港までお散歩。

夜のLiverpool Town Hall

The Three Graceもライトアップされててキレイ。

こんな素敵な夜景、一生忘れないよ。


0:00 就寝



8:00 起床

今日はアンフィールド スタジアムツアーに行く日。
でもまだ時間が早いから朝食を食べにホテル近くのカフェへ。


イングリッシュブレックファーストとブルーベリーパンケーキ(£19=\2,413)

真ん中にある真っ黒い丸い食べ物 どんな味かとビビって食べたら意外と美味しかった。
パンケーキは美味しくなかったよ・・・

今日もアンフィールドまではバス。
バス停(Queen Square Bus Station)までホテルから歩いて5分くらい。

途中にあるリバプールFCショップへ今日も立ち寄り。

一体何度目だ!?
いやいや、このあともまだ行きます(笑)
とりあえず早々に切り上げてバス停へ。

20分程でアンフィールド到着。

まずは受付でチケット交換。
30分おきにツアーが催行されているから人がたくさん。

11:30からのツアーにはまだ早かったからリバプールFCショップでお買いもの。
試合日は混んでて入れなかったけど今日はガラガラ。
結局この旅で5回もショップに行って総額£282(¥35,814)もお買い物しちゃった。


11:30 スタジアムツアー スタート

CLUB GUEST LOUNGEから入場。

最初の部屋は壁に写真が飾られている待合室。

廊下には大きなアンフィールドの写真。

リバプールのロゴ入りカーペット。

次の部屋はインタビュー室。

私の横に立っている人はこのツアーのガイドさん。
リバプールの歴史について色々説明してくれてるけど英語なのでサッパリ・・・

リバプール選手の控室

想像してたより狭くてビックリ!

ユニフォームはポジション別に並べられているの。

ジェラードの汗の匂い嗅いでみたけど無臭。
あたりまえか(笑)

フォワード陣のユニフォーム。

続いてアウェーチームの控室。

これまた質素だこと・・・


試合後、選手や監督がインタビューを受ける場所。


ピッチに入場する選手が並んで待機する場所。

テレビで見たことある!!

いざピッチへ。

『THIS IS ANFIELD』看板****************************
低迷していたリバプールを強豪クラブに変えたビル・シャンクリー監督の発案によるもので、
リバプールの選手に対しては、自分たちが誰の為に戦っているのかを思い出させるため、
そしてアウェー選手に対しては、誰を相手に戦うことになるのか知らしめるためのものらしい。
『THIS IS ANFIELD』簡単な言葉だけど重い言葉だね。
***************************************************

リバプールの選手はこの看板をタッチして入場するから私も真似してみたけど届かなかった・・・

『THIS IS ANFIELD』をくぐっていよいよピッチへ。
この時、観客の声の入ったテープを流してくれて雰囲気味わうことができたよ。

ピッチに出てすぐ右側が選手のベンチ。

写真左がリバプールベンチ、右がアウェーベンチ。
仕切りがないの!!
こんなに近くに相手チームがいてケンカにならないのかな。

リバプールベンチにはエンブレムがプリントされてる。

これはガム用のゴミ箱。
ちょっとビックリ。

メインスタンドから見たKOPスタンド。

昨日試合を見ていたのは右端前列!!

こんなに近くで見れたなんて本当感動だよーーー!!

このあとKOP席を案内されたけど、私たちは昨日この場所から見ていたからさほど感動せず・・・

スタジアムツアー終了

続いてスタジアムツアー受付の2階にあるミュージアムへ。
途中の階段に飾ってあった写真。

2004-2005 UEFAチャンピオンズリーグ優勝の時の優勝パレードの写真。
ジェラードの雄叫び写真!素敵!!

ミュージアム入口

ビッグイヤーが4つ。
1976-1977、1977-1978、1980-1981、1983-1984 UEFAチャンピオンズリーグ優勝したときの優勝カップ。

そしてこれが2004-2005 UEFAチャンピオンズリーグ優勝したときのもの。

イスタンブールの奇跡!
試合の映像が流れてて見入っちゃったよ!
鳥肌ものです!シビれるーーー!!

13:30 スタジアムツアー終了

これでリバプールを離れます。
まずはバスでリバプールライムストリート駅へ(£1.9=¥241)

リバプールからロンドンまではVirginTrainsで移動。
チケットはネットで手配(£32.5=¥4,127)

VirginTrainsのチケットはネットで購入した方が全然安い!
安ければ£30程度で購入できるし、駅で購入すると£120くらいになる時もある。
曜日や時間帯によっても値段は違う。
今回14:48発で£32.5だったけど、1時間遅いと倍になってた。

14:48 リバプールライムストリート駅出発

予約されている席には窓の上部に「RESERVED」と書かれてる。

17:00 ユーストン駅到着

リバプールと違い大きな駅。
駅が大きすぎてホテルの最寄り駅まで行く電車がよく分からず広場でゆっくり考えることに。

コーヒー飲みながら休憩。
お天気で気持ちいい!

Nothenlineに乗ってWaterloo駅に行けばいいと判明し切符売場へ。

まずは「oyster」という日本のsuicaのようなカードを購入して£5チャージ。(別にデポジット£5必要)

このoysterがかなり便利!!
地下鉄でゾーン1内を移動するのに、現金だと£4.30かかるのに、oysterなら£2なの!
半額以下になるから絶対持っていた方がお得!

20分ほどでWaterloo駅到着。

ここも大きな駅!
駅の外に出るのに一苦労だよ・・・

ホテルまでは歩いて10分くらい。
途中ロンドンアイ(観覧車)が見えたよ!!

ホテルはテムズ川に架かるウェストミンスター橋のすぐ近く。

ホテルのチェックインを済ませ、早速ロンドン散歩。

橋の先にはビッグベン!!

■■■英国の世界遺産A「ウェストミンスター宮殿、ウェストミンスター大寺院及び聖マーガレット教会」1987年に世界文化遺産に登録■■■

感動!!
テレビや写真では見たことあったけど本物はもっとすごい!
国会議事堂がこんな建物なんて素敵すぎる!


ビッグ・ベンと国会議事堂********************************
ビッグベンとはウェストミンスター宮殿にある時計台のこと。
正式名称は「Elizabeth Tower(エリザベス・タワー)」
(2012年6月26日、英国女王エリザベス2世の在位60周年を機にクロック・タワーからエリザベス・タワーに改称)
ウェストミンスター宮殿は現在国会議事堂として使われている。
*******************************************************

なんだか見とれちゃう。

橋の上から見たロンドンアイ。

1つのカプセルに25人も乗れるんだって!

日本の観覧車とは全然違うよね。

ビッグベンの裏には『Westminster Abbey(ウェストミンスター寺院)』

テレビで見たことある!!


ウェストミンスター寺院**********************************
ウェストミンスター寺院は、国会議事堂(ウェストミンスター宮殿)に隣接しているイングランド国の教会。
戴冠式などの王室行事が執り行われ、内部の壁や床には歴代の王や女王、政治家などが多数埋葬されている。
故ダイアナ元妃の葬儀が行われ、2011年4月にはウィリアム王子の結婚式が行われた場所。

*******************************************************

入口上部にある彫刻。

素敵!!
今日はもう閉まっていたので中の見学はまた明日。

別の角度から見たビッグベン。

赤い電話ボックスってロンドンだったんだね。
実家にこの貯金箱があったよ。

Whitehall(ホワイトホール)を通ってトラファルガー広場まで歩いていくことに。
ホワイトホールは、ビッグベンとトラファルガー広場を結ぶ通りなの。

『首相官邸』


『戦没者記念碑』


『トラファルガー広場』


トラファルガー広場にある『アドミラルティ・アーチ』

このアーチの先にあるのがバッキンガム宮殿。
アドミラルティ・アーチからバッキンガム宮殿までの道を『The Mall(マル)』と言い英国王室主催のパレードなどが行われるの。
2011年4月のロイヤルウエディングでは、この通りに60万もの人々が押し寄せたんだって!
ロンドン五輪ではマラソンのコースだったよ。

カメラをアップにしたら宮殿前広場の噴水にある金色のクィーンビクトリア記念碑が見えた!!


トラファルガー広場から来た道ホウイトホールを見たら奥にビッグベンが見えたよ!

帰りはウォータールー橋を渡って帰ることに。

ロンドンアイのふもとは小さな遊園地みたい。


夕飯はホテルの近くにあったレストランで。

お肉が固くて美味しくなかったよ。(£46=\5,842)

0:00 就寝



8:00 起床

朝からビッグベンがキレイ!


2階建てバスだ!!

感動したのは最初だけで、想像以上にいっぱい走っててビックリしたよ!

9:30 ウェストミンスター寺院見学(£16=\2,032)

見学者は北側の入り口から入場。

日本語案内書もちゃんとあって、イヤホンガイドも貸出無料。
中は撮影禁止だった。残念。。。

大きなステンドグラスがすごくキレイで圧倒された!
ロイヤルウェディングで見たことある場所も見れて感動したよ!!

軽く見るつもりが気付けば1時間以上も見学してた。
イヤホンガイドをまともに聞いてたら2時間近くかかるんじゃないかな。

回廊からは撮影OK!

回廊にあるコーヒースタンドでブランチタイム(£9.95=\1,264)

天気が良くて気持ちいい!!
中庭を見ながらちょっとしたピクニック気分で楽しかったな。

昨日見た入口から出てきて見学終了。

この後は衛兵交代式を見るため歩いてバッキンガム宮殿へ。

途中水陸両用バス発見!

これは「ダック」と言って水陸両用の観光バスでテムズ河クルーズもできるんだって!

バッキンガム宮殿に着いたらすでに衛兵交代式が始まってた。


バッキンガム宮殿と衛兵交代式***************************
バッキンガム宮殿はエリザベス女王が平日に過ごす宮殿。
宮殿に国旗が掲げられていると、女王様が宮殿にいるってこと。
この日は国旗が掲げられていないから女王様はご不在みたい。

衛兵交代式は5月から7月末までは毎日、その他の期間は隔日、午前11時半に行われる。
2012年9月は偶数日に開催。
*******************************************************

衛兵交代式があるか調べないで行ったけど今日はあって良かった。

人が多くて全然見えない。


馬に乗った騎馬警察隊が来た!

横断を禁止していたエリアが一旦解除されるみたいで騎馬警察隊が誘導開始。

馬がチョー近くまで来てビックリしたよ。

『バッキンガム宮殿の門』


宮殿正面広場の噴水『ヴィクトリア女王記念碑』

大理石でできてるんだって!キレイ!!

その後なかなか衛兵が出てこなくて30分くらい待ったかな。
やっと交代式を終えた衛兵が宮殿からでてきた!

これこれー!これが見たかったの!!
揃って行進している姿は圧巻!

ヴィクトリア女王記念碑からのびる道路『The Mall(マル)』

昨日見たトラファルガー広場のアドミラルティ・アーチまで続いてるの。
まさにここがロンドンオリンピックのマラソンコース!
今はパラリンピック期間中だったからパラリンピックの旗が掲げられてたよ。

12:00 GreenPark駅から地下鉄JubileeLineに乗ってSt.John'sWood駅へ

ここはビートルズがレコーディングしていた『Abeey Road Studio(アビーロードスタジオ)』がある街。

『Abeey Road Studio(アビーロードスタジオ)

アビーロードスタジオの前の横断歩道が、ビートルズのCDジャケット撮影地。

私も真似してみた。

緊張しているのか意識し過ぎてるのか、右手と右足が同時にでちゃうよ。
なんだかギコチナイ・・・

私以外にも同じように写真撮影している人がたくさん!

おじさんやおばさんが何度も撮り直してはしゃいでいる様子がかわいかったよ。
良く見ると一番前の女性も左手と左足が同時にでてる(笑)

車の通りが激しい道でなかなか思うように撮影できないし、順番待ちしている中、
何度も撮り直した最後の1枚。

ぽいよね!?
粘って撮った甲斐あったよ!!

思いのほかここで時間を使ってしまったけど楽しい時間だった!

13:30 地下鉄でBondStreet駅へ

BondStreet駅周辺はショッピング街。
大きなデパートがたくさんあるの。
その中の1つ『John Lewis』というデパートへ。

地下のインテリア雑貨売り場はすごく楽しい!!
日本には売ってないようなおしゃれなスパイスラックが格安で買えてラッキー!
John Lewisはおしゃれなデパートでオススメ。

14:30 『Liberty』のカフェで休憩

憧れのアフタヌーンティセットを注文(£18.95=\2,406)

一段目はスイーツ、2段目はスコーン、3段目はサンドウィッチ。
スコーンは熱々でしっとりしてて美味しかった。

この店のアフタヌーンティセットは比較的リーズナブルだったけど
ホテルにあるカフェや有名な紅茶屋さんだと£40(\5,080)とかなりお高めなの。

そんな有名な紅茶屋さん『FORTNUM AND MASON』へ。

この紅茶見たことあるかな?

『FORTNUM AND MASON』は紅茶で有名だけど、実は王室御用達の高級食料品デパートなの!
4階にあるセント・ジェームズのアフタヌーンティは有名でいつか食べてみたいな。

17:00 GreenPark駅からWestminster駅へ

ウェストミンスター橋から見たビッグベン。
夕暮れ時の姿もキレイ!!

一旦ホテルで休憩。

19:00 Westminster駅から地下鉄CircleLineでTowerHill駅に行き『Tower of London(ロンドン塔)』へ。


■■■英国の世界遺産B「ロンドン塔」1988年に世界文化遺産に登録■■■

テムズ川沿いにある「女王陛下の宮殿にして要塞」と呼ばれる中世の城。
11世紀に現在のイギリス王室を開いた王ウィリアム1世によって築かれた。
中央のホワイト・タワーのほか、王室宝物館、武器展示館など数個の建物とそれらを囲む城壁があり
さらにその外側には「ほり」が巡らされている。
古くから要塞として使われていたが、17世紀前半までは王室の居城の一つであった。
歴史上はむしろ監獄として知られ「9日間の女王」ジェーン・グレーが処刑されるなど数多くの歴史的エピソードをもつ。

暗いせいかなんだか怖い・・・

テムズ川にかかる『Tower Bridge(タワー・ブリッジ)』

ロンドンオリンピックでよく映ったよね!?
今はパラリンピックのマークが飾られてたよ。

ホテルに戻り、夕食はホテルのフレンチレストラン『Joel』へ。
オニオングラタンスープとポルチーニ茸のリゾットなど(£70=\8,890)

この旅一番の豪華な食事。
他にも色々食べたけど、どれも美味しかったよ。

0:00 就寝



8:00 起床

チェックアウト前にホテルのカフェで朝食。
カフェからもビッグベンが見えて素敵!!
このホテルにして正解だった!!

空港までは地下鉄で行くことに。
最後にビッグベンとロンドンアイ。

地下鉄CircleLineでWestminster駅からEarl'sCoart駅まで行き、
地下鉄PiccadillyLineに乗り換えてヒースロー空港へ(40分)

チェックインを済ませ出発前に最後のフィッシュ&チップス。


13:30 ヒースロー空港出発

翌9:05 成田空港到着



短い期間だったけど、すごく充実した6日間。
サッカー見たり、観光したり、買物したり、美味しいもの食べたり。
念願のリバプールの試合は負けてしまったけどあんなに近くで本場のサッカーが見れて本当に感動した。
現役のジェラードのプレーが見れて良かった。
リバプールは本当に素敵な街。いつかまた行きたいな。

一生忘れない素敵な旅になりました。




このページのtop

TRIP

Asia

Japan

Korea

Macau

Taiwan 2006.3

India 2007.3

Cebu 2009.9

maldives 2014.8

America

Hawaii 2008.1

LasVegas-NY 2011.12

South America

Peru-Argentina2013.10

Africa

Tunisia 2005.11

Morocco 2008.11

Meast

Turkey 2006.3

Europe

France 2009.12

UK 2012.9

Oceania

Australia 2011.8

MAP

DIARY

ABOUT

HOME