HONEYMOON (Argentina)

 国名: アルゼンチン共和国 Republica de Argentina
 言語: スペイン語
 通貨: $(アルゼンチン・ペソ)と¢(センターボ)
    100¢=1ペソ US$1=100.10円=6ペソ 1ペソ=16.68円(2013年10月)
 時差: -12時間
 気候: 季節は日本と反対
 フライト: 日本からの直行便はなくアメリカの都市で乗り換えるのが一般的 乗換時間含めて26〜33時間
 ビザ: 3ヵ月以内の観光ならビザは不要(ただしアメリカ経由の際はESTA登録が必要)
 プラグ: タイプCもしくはBF





カラファテ Kapenke Hotel(カペンケ)
イグアス Exe Hotel Cataratas(カタラタス)
ブエノスアイレス Waldorf Hotel(ウォルドルフ)


どのホテルも無料Wi-fiが使えた。


○カラファテで宿泊した Kapenke Hotel


とてもかわいらしいホテルで部屋は広くてキレイ。
メイン通りが近くてレストランがたくさんあった。


○イグアスで宿泊した Exe Hotel Cataratas 


空港とイグアスの滝の間にあるホテルでどちらも車で20分くらい。
5つ星って書いてあるけど結構古い。
最初に通された部屋がカビ臭くて耐えられずルームチェンジしてもらったら部屋のグレードがだいぶ上がった。
ダメ元で聞いてみるもんだね。


○ブエノスアイレスで宿泊した Waldorf Hotel 


HPで見ていた部屋とは全然違ってた。
ベッドは狭いし、テレビはブラウン管。
ただ立地はすごくいい!近くの通りにはレストランやバーがたくさんあった。



アルゼンチンペソは日本円での両替が難しいのでUSドルを持っていった方がいい。
ただアルゼンチンペソからUSドルへの再両替が今はできないらしいので注意。
なので出来るだけクレジットカードで支払い。

日本でUSドルに両替/三菱東京UFJ銀行(30,000円=US300ドル)
USドルをアルゼンチンペソに両替/ブエノスアイレス エセイサ空港両替所(US100ドル=600ペソ)
1ペソ=17円



いよいよ待ちに待った新婚旅行!!
行ってきます!!

18:20 (American航空)成田国際空港 出発

ダラスまでは11時間30分のフライト。
最初のホテルに着くのは34時間後・・・
だから少しでも機内で快適に過ごせるようにメディキュットやブランケット、ネックピロー、本など
大荷物で機内に乗り込んだよ。

機内食は夕食と朝食と軽食の3回。

たまに後方へ行って伸びたり屈伸したり、窓から素敵な景色を見たり。

丸い畑はいったい何だったんだろう?(写真右)


15:45 ダラス・フォートワース国際空港 到着


乗り継ぎでも入国審査を通り、バゲージエリアを通過して、次の飛行機のゲートへ。
(荷物はブエノスアイレスまで行くので受け取らない)

なんだかんだゲートに着くまで時間がかかったけど、次の出発まではまだまだ2時間待ち。
空港はキレイだし、広いし、無料Wi-fiは使えるし、コンセントはあるし結構快適に過ごせた。

NYで飲んだ「Jamba Juice」もあったよ。

mango a gogo と strwbry surf ridr 両方とも美味しい!!(US4.40ドル=440円/1杯)


19:30 (LAN航空)ダラス・フォートワース国際空港 出発



朝日がキレイ!!


07:55 エセイサ国際空港(ブエノスアイレス) 到着

空港の両替所で持ってきたUS300ドルのうちUS100ドルをペソに両替。
US100ドル=600ペソ(1ペソ=17円)

カラファテまでは国内線になるので、ここから国内線空港のアエロパルケ空港(正式名 ホルヘ ニューベリー)まで移動。
(成田と羽田みたいな感じ)

ドライバーさんと合流。

アエロパルケまでは車で1時間くらいで到着。

こじんまりしているけどキレイな空港。

出発まで2時間あるのでランチタイム。

パニーニ、サラダ、コーヒー、ビール(192ペソ=3,202円)

機内以外で食べる初めての食事。海外に来たって感じ!


13:05 (LAN航空)アエロパルケ空港(ブエノスアイレス) 出発

国内線だからお菓子と飲み物だけ。
この後これを何度も食べることになるとは・・・


16:30 エル・カラファテ空港 到着

氷河の拠点になる街だからすごく寒いのかと思ったらそうでもない。
ヒートテック着なくても長袖+コートで大丈夫だった。

空港からホテルまでバスで移動(30分)


17:00 カペンケホテル チェックイン

家を出発して40時間 やっとホテルに着いた!!
ここまで遠かったーーー!長かったーーー!

少し休憩して、街をプラプラしてみることに。

●カラファテMAP

カラファテは湖に面した小さな町。
メインストリートはホテルから歩いてすぐだったよ。

思ってたよりお店も人も多くて楽しそう。

とりあえずお店が閉まる前に明日の氷河ツアーで履くトレッキングシューズをレンタルしに行くことに。

ホテルまでのバス中で、そんな靴(スニーカー)で氷河言っちゃダメだって言われちゃったの。
ちゃんと事前にツアー会社に確認してアイゼンを付けるから大丈夫ってことだったのに。

トレッキングシューズレンタル料 50ペソ/足(×2足=100ペソ=1,700円)
レンタル保証金 300ペソ もしくは身分証
(パスポート預けるのは不安だし、日本の免許証でもいいらしいけど、持って来てなかったから300ペソ預けた)

これで明日の氷河ツアーはバッチリ!!
引き続きメインストリートをプラプラ。

このショッピングセンター?TVで見たことあるーー!
とテンション上がったけどお店はイマイチだった・・・

夕飯はメインストリートにある「LA TOLDERIA」へ。

メニューを見てもよく分からない・・・
beefやrumって書いてあったから頼んだらエンパナーダ出てきちゃうし(笑)※エンパナーダはパイ包みのこと(写真下左)
メニューにはステーキやサラダなどカテゴリーで表示されてて、
エンパナーダが何か分かってなかったから「beef、rum」ってだけでステーキと勘違いして頼んじゃったの(苦笑)
「小さいけど1個づつでいいの?」って親切に店員さんが聞いてくれたのに。
スペイン語の横に英語でも表記されているけど、料理の写真でもあったらよかったんだけどな。

牛ステーキ、ラムステーキ、エンパナーダなど(246ペソ=US41ドル=4,100円)

エンパナーダは肉々しいけど美味しい!!
ステーキはめっちゃ固かった・・・

この旅では現金はあまり持たずできるだけクレジットカードで支払おうと思っていたから、レストランは
VISAが使える店を選んで入ったの。なのに会計時カードを渡したら機械が故障してて使えないって!!!
えーーーー!!!
600ペソあった現金もトレッキングシューズのレンタル料金や保証金で200ペソしか残ってないから246ペソ
払えない・・・近くにATMがあるからって店員に言われてndが2件くらい行ったけど夜8時過ぎてたし日曜日
だったからおろせず。
どうしようかと困ってたら「USドルで支払えるよ」って、なら最初に言ってよーーー!!

無事にお店を出てホテルへ。
約2日ぶりのシャワーを浴びてやっと落ち着いた。

0:00 就寝



06:30 起床 朝食ビュッフェ

パンがパッサパサだよ・・・

氷河ツアーではレストランとかないので各自ランチ持参で行きます。
私たちはツアーにランチが込なので受付でランチボックスをくれたよ。


08:45 氷河ツアー 出発


1時間ほどでアルヘンティーノ湖に到着。
この湖はカラファテの街にある湖と繋がってるの。


10:15 ロス・グラシアレス国立公園 入場(入園料 100ペソ=1,700円 ※ツアー料金に込)


■■■アルゼンチンの世界遺産@「ロス・グラシアレス国立公園」1981年に世界自然遺産に登録■■■

アルゼンチン南部のロス・グラシアレスは、47もの氷河群を擁する南極大陸、グリーンランドに次ぐ世界で
3番目の面積を持つ氷河地帯。ロス・グラシアレスはスペイン語で氷河のこと。
ロス・グラシアレス国立公園にある氷河には、ペリト・モレノ氷河、ウプサラ氷河、スペガッツィーニ氷河
などがあり、園内の広さは山梨県とほぼ同じ。

今回私たちが行くのは「ペリト・モレノ氷河」

ペリト・モレノ氷河*********************************************
全長約35キロ、先端部の幅は5km近く、高さは約60mある。
豊富な降雪と比較的高い気温のため、流れが速いのが特徴で、
平均して1日に中央部では2m、両端で40cm進んでいる。この動きが崩落を引き起こす。
******************************************************************

さらに車で移動。

氷河だーーーー!!!
曇っててもキレイな青色で感動!!
氷河の右側の山がネグロ山、左側がモレノ山。
奥に見えるの分かるかな??
あの氷河をトレッキングするなんて想像できない!!

11:00 反対岸まで船で移動(15分)

アルヘンティーノ湖は広いから海みたい。

近付いてきた―ーーー!!

崩れた氷河が流れてきた!


岸に到着。

船着き場の近くにあるコテージにトレッキングに必要ない荷物は置いて、
いよいよミニトレッキングスタート!!
(ランチはトレッキングが終わってからここで食べるので、お水以外は置いて行った方がいい)

ミニトレッキングはだいたい1時間くらいのコース。

コテージから少し登ると氷河が目の前に!!

ガイドさんから氷河についてのお話し。

「太平洋からの湿った空気がアンデス山脈にぶつかって大量の雪を降らせ、その積もった雪が圧力で氷結して氷河を形成しています。
アルヘンティーノ湖に流れ込むここペリト・モレノ氷河は、中央部で1日に約2mも移動し、「生きている氷河」と呼ばれるほど非常に
活発な氷河で、先端部で轟音とともに崩壊し湖になだれ込み、やがて水蒸気となり雪となって降り、再び氷河を形成していきます。
ペリト・モレノ氷河の氷は気泡が少なく、透明度が高いため、青い光だけを反射し神秘的なブルーの輝きを放ちます。」

英語で説明されたから全然分からなかったけど、きっとこんなことを言ってたんだと思う。


さらに進みます。


ここでアイゼン装着。

ガイドさんが一人づつきちんと装着してくれるよ。

いよいよ氷河の上を歩くよーー。

初めてのアイゼンは歩きにくかった。

アイゼンの歩き方
・小股歩く
・左右の足を広げて歩く(アイゼンが絡まないように)
・つま先やかかとだけでなく足裏全体で踏み込む


クレパスがいっぱい!

大きなクレパス!!!
こういう危ないところはガイドさんがフォローしてくれたよ。

フレッシュウォーター!!
味がしなくて美味しい!!!

下りは結構怖いーーーー。

真っ青過ぎて吸い込まれそう。

下りの先のクレパスだから怖かったー。
でもちゃんとガイドさんがエスコートしてくれました。

やっと休憩。
楽しみにしてたこのコーナー♪


氷河でいただくオンザロック!!!

この一角だけ氷河を削っていいんだって。
冷たくて美味しい!!

水筒に氷河を入れてくれたよ。
あとでホテルで飲んだら水筒がコーヒー臭くてせっかくの氷河が残念なことに・・・
でも冷たくて匂いを嗅がなければ美味しかったよ(苦笑)

しばらく休憩して来た道を戻る。

ミニトレッキング終了!!
ミニの割には結構登って下りて、しかも慣れないアイゼン付けてるから結構疲れたよ。
少し雨が降っていたけど思ったより寒くなくてよかった。

コテージに戻ってランチタイム。

ん〜美味しくない(笑)
りんごが一番美味しかった。


15:00 乗船

バスに戻って今度は展望台から氷河を見ることに(20分)

ここからは氷河がワイドに見えるの!

↑右下の方に人が映ってるのわかるかな??
氷河のあまりの大きさに本当ビックリ!!

絶景ポイントまで行くとすごい近くで氷河が見えた!

ゴォーってすごい音がして崩れるところも見れたよ!!
いつまでも音が響いてて「生きている氷河」を実感!!


お土産屋さんでルート40のステッカー購入!!

ルート40*****************************************************
アルゼンチンの国道40号のことで、935年に南北アルゼンチンを結んだ全長およそ5000Kmの
大縦断ルート。そのうち2700Km以上がパタゴニア方面。およそ半分が未舗装のままで残り半
分はアスファルト舗装されている。
夏のシーズンだけ通行可能で、冬は凍結のため閉鎖されてしまうらしい。
**************************************************************


17:00 バスに戻りホテルへ

18:30 ホテル 到着

シャワーを浴びて少し休憩。丸1日のツアーで疲れたー。

トレッキングシューズを返しに行って、そのままディナー「LA LECHUZITA」へ。


ラザニア、サラダ、ナゲットなど(205ペソ=3,485円)

ラザニアはパスタよりミートの量が多くて肉々しかった。

デザートは向いのチョコレート屋さん「OVEJITAS DE LA PATAGONIA」でアイスクリーム。

カラファテにはチョコレート屋さんがいっぱいあるの。

チョコレートのアイスが何種類かあったけど、違いが分からずとりあえず2種類チョイス!(28ペソ=476円)

濃厚で美味しい!!


22:00 就寝



07:00 起床

今日は移動日。イグアスに行くよ。
8:45のピックアップが7:45に変更になってたので急いで支度してロビーで待ってるのに、
なぜか全然迎えに来ない・・・
旅行会社がホテルのすぐそばだったから聞きに行くと、どうやら時間が変更になったことがドライバーに
伝わってなかったみたい。すぐに迎えに来てくれて空港へ。


08:40 ホテルをチェックアウトして空港へ

09:00 エル・カラファテ空港 到着


結局チェックインが9:30からしか開かないので早く来る必要なんて全然なかった。
ていうかなんでピックアップの時間を1時間早めた??意味不明。

LAN航空でチェックイン後、空港税76ペソ(1,292円)を支払い中へ。
※カラファテの空港は空港税が航空券に含まれず現地払い

ラウンジでコーヒータイム(65ペソ=1,105円)

11:30 (LAN航空)エル・カラファテ空港 出発

機内食は行きと同じお菓子。

LAN航空って機内で素人ドッキリ番組が流れてて思わず大声で笑っちゃうほど面白かった(笑)
この後まだ3回乗れるから続きを見るのが楽しみ。


15:00 アエロパルケ空港(ブエノスアイレス) 到着


ここからイグアスまではアルゼンチン航空のため(ここまではLAN航空)カラファテで一気にチェックインできず
ブエノスイアレスで一旦荷物を受け取り、再度アルゼンチン航空でチェックインをしないといけないの。
国内線でも2時間前チェックインらしいけど到着が1時間遅れたり荷物がなかなか出てこなかったりで
40分前にやっとチェックイン。


16:25 (ARGENTINAS航空)アエロパルケ空港 出発


18:00 プエルトイグアス空港 到着


空港からホテルまで車で移動(30分)


18:30 カタラタスホテル チェックイン(カタラタスは滝って意味なんだって!)

5つ星らしいけど結構古いホテル。
部屋は広いけど暗くてホコリ臭くて虫が飛んでてなんだか身体中が痒くなってきた。
どうにも耐えられなくてルームチェンジをお願いしたら快くOKしてくれたよ。
おかげで明るくてホコリ臭くもないキレイな部屋に!!
ダメ元でもお願いしてみるものだね!!

夕飯は車で5分程の街に行こうとしたけど疲れてたのでホテルのレストランで食べることに。
(あとで知ったけど小さい街でお店もそんなになさそうだった)

19:00 夕飯 ホテルビュッフェ(290ペソ/2人=4,930円)

品数がたくさんあるけどどれもイマイチ・・・
パスタは伸び伸びだし、アルゼンチンってご飯が美味しくないんだね・・・


23:00 就寝



06:30 起床 朝食ビュッフェ

カラファテのホテルより種類がたくさんあった。
でもやっぱりパンはパサパサ・・・。
トースターがあってよかったー。


07:45 ガイドと合流してイグアス国立公園へ(車で20分)

08:05 イグアス国立公園 入場(入園料 100ペソ=1,700円 ※ツアー料金に込)


■■■アルゼンチンの世界遺産A「イグアス国立公園」1984年に世界自然遺産に登録■■■

イグアス国立公園はブラジルとアルゼンチンの両国にまたがり(ブラジルでは1986年に世界自然遺産に登録)
アルゼンチン側が約68,000ヘクタール、ブラジル側は約185,000ヘクタールもある。
この公園の見どころは150から300ある大小さまざまな滝。
滝幅約4.5km・最大落差約80m・水量は毎秒6万5000トン。イグアスとは先住民の言葉で「大いなる水」
北米のナイアガラの滝、アフリカのビクトリアの滝と並ぶ世界三大瀑布のひとつ。


●イグアス国立公園MAP


まずはトロッコに乗って最大の見どころ「悪魔の喉笛」へ。
トロッコの出発地「中央駅」は入り口からちょっと離れてたよ。


入口から歩いて10分ほどで中央駅に到着。

始発のトロッコは8:30発だからまだガラガラ。
でも10分もしないうちに満席になっちゃったよ。

実は私たちが8時の開園とほぼ同時に入場したのにはわけがあるの。
このトロッコは出発地の「中央駅」と到着地「悪魔の喉笛駅」のあいだにもうひとつ「カタラタス駅」があって、
8:30の始発トロッコのみ中央駅から悪魔の喉笛駅まで一気に行くんだけど、
その後のトロッコは【中央駅⇔カタラタス駅】【カタラタス駅⇔悪魔の喉笛駅】とカタラタス駅で一旦乗り換えないといけないの。
だからどうしても8:30の始発トロッコに乗りたかったんだ。
しかも次のトロッコは30分後だから乗れてよかった。


08:30 トロッコ 出発

今日は水量が多いみたい。


09:00 悪魔の喉笛駅 到着


悪魔の喉笛までは1,700メートルの遊歩道を通って行くよ。

遊歩道の先に水しぶきが見える!!
ゴォーーーって音も聞こえてきた!!

壊れた橋がいろんなところにあったよ。
5月6月は水量が多すぎてここまで来れなかったらしい。

音がどんどん大きくなってきたーーー!

ギャーーーーー!!
スゴーーーイ!!!!!
これが悪魔の喉笛!?想像以上の迫力だよ!!

水しぶきでビッショリ。
でもお天気で気温も30℃と暑いから気持ちいい!!
始発トロッコで行ったから観光客も少なくてゆっくりじっくり悪魔の喉笛を満喫できたよ。


10:00 悪魔の喉笛駅に戻りトロッコでカタラタス駅へ

この滝のマークかわいい!!

ここから見える滝もスゴーイ!!!

大小さまざまな滝がいっぱいある。


水量が少ない時の滝の写真↓

こんな少量の時もあるなんてビックリ!!


カタタラス駅に戻り、中央駅行きのトロッコはしばらく来ないので歩いた方が早いからと歩いて行くことに。


アルゼンチン側の観光を終え、今度はブラジル側からイグアスの滝を見るよ。
ブラジルとの国境までは車で20分。
車で国境超えは初めて!!

ちょうど川の半分で分かれているの。
左がブラジルで右がアルゼンチンだよ。

両国の出入国手続きは一度も車から降りずに完了!!


11:30 ブラジル入国


早速ランチを食べにビュッフェレストラン「PARANA RESTAURANTE」へ。

ブラジルだからか海苔巻きなど日本料理もあったよ。

レストランの奥ではお肉がたくさん焼かれてた。
これがシュラスコかな??

色んな部位があって選ぶのが大変!!
店員さんに「ジューシーなのどれ?」って聞いて出てきたのがコレ↑あばらだって!!

ジューシーで美味しい!!
他の部位もいくつか食べたけどあばらが一番美味しかったよ。
カラファテ、イグアスとアルゼンチンのご飯はイマイチだったけど、ブラジルはご飯が美味しい!!


13:15 ブラジル側イグアス国立公園 入場(入園料 40.8レアル=2,000円 ※ツアー料金に込)

園内の移動は、アルゼンチン側はトロッコだったけどブラジル側は2階建てバス。
でもツアーで来ている人はツアー車で入れちゃうの。
だから私たちもそのまま車で移動できちゃった。


早速ボートツアーに参加(US110ドル/人=11,000円)
ボートツアーは2時間くらいのツアーになっていて、ジープに乗って園内を案内してくれる。


途中でジープを降りて歩いてボート乗り場へ。

ボート乗り場にはキレイな更衣室があって着替えができるようになってた。
早速私も濡れてもいい格好(ノースリーブに短パン)に着替えたよ。
靴も急遽購入したビーサンに履き換えた。


ボートに乗り込み出ーーー発!!

滝を目指して川を逆流。
途中2か所のカメラタイムがあるって聞いたのでデジカメをジップロックに入れて持ってきた。
(ダラス空港の手荷物検査にあったジップロックをいただいたのが役に立った)

10分程で最初の写真スポットに到着。

この滝はアルゼンチン側にあるからアルゼンチンからボートに乗った人だけが近づけるの。
(カタタラス駅近くの展望台から見えた滝)

※アルゼンチン側でボートに乗るには事前の予約が必要だけどブラジル側では当日申し込めるので私たちはブラジルから参加


さらに奥に進むと、すごい迫力の滝が目の前に!!

2つ目の写真スポットのこの滝にどうやら突っ込むみたい!
係の人が防水対策を始めたし。


いよいよ滝に突入!!


水しぶきがすごくて目が開けられない。
滝の真下はすごい勢いの水で、もうどーにでもなれって感じ(笑)

めっちゃ楽しーーーー!!!!!
こんなに楽しいと思ってなかった。
当日までボートに乗るか悩んだけど乗って良かった!
そしてやっぱり水着を持ってくればよかったな。
カッパも売ってたけど(US2ドル)「意味ない」「蒸れて暑い」って言われて買わなかったんだ。
けど正解だった。
もうそんなの気にしてたら楽しめないしね!!

この後3回も滝に突っ込んだよ。

このまま終わりかと思ったら、流れのないところでわざと波を作って突っ込んで大量の水が上から降ってきた。
濡れるを通りこしてビショビショだけど楽しかったーーー!!

ボートでは係の人がビデオを回していて後でDVDや写真を購入できる(DVD US30ドル 写真データ US20ドル)
もちろん購入!!


更衣室で着替えて、再びジープでボートツアーの出発地に戻り、車で次のポイントへ。


16:00 1時間かけてゆっくり滝を見学(1.5キロある遊歩道)

滝に近づくと轟音がスゴイ!!
ここからは滝の全体が見えて、そのスケールの大きさにビックリ!!

滝の近くまで行ける遊歩道に行ってみた。

虹がキレイ!!

水しぶきは悪魔の喉笛以上でせっかく着替えたのにまたビッショリ(苦笑)
まぁすぐ乾いちゃうんだけどさ。

こんなに近くで滝を見ることができて感動!!


エレベーターで上へ。

エレベーターを降りたらハナグマにやっと会えた!!
かわいい。


17:00 イグアスの滝観光 終了


車に戻り、ブラジルからアルゼンチンへ。

帰り道に街のスーパーに寄ってもらったよ。


お土産用にマテ茶購入!


18:30 ホテル 到着


20:00 就寝(疲れてご飯も食べずに寝ちゃった)



今日は移動日。ブエノスアイレスに行くよ。


09:30 ホテルをチェックアウトしてガイドと合流


空港に送ってもらう前にブラジル、アルゼンチン、パラグアイの三国国境地点に連れてってくれた。

イグアス川とパルナ川がぶつかるところが三国国境地点。
イグアス川はブラジルとアルゼンチンの国境で、パルナ川はアルゼンチンとパラグアイの国境なの。


各国に石碑みたいのがあったよ。


これでイグアス観光が終了。
ここではガイドさんとドライバーさんが私たち専属で付いてくれてすごく良かった。
ゆっくりじっくり、時には早く私たちのペースで観光ができたし。
滝の水量も多すぎず少なすぎず大迫力な光景を見せてくれて本当に感動した!!
すごく充実したイグアス滞在 ありがとう!!!


11:35 (LAN航空)プエルトイグアス空港 出発


13:30 アエロパルケ空港(ブエノスアイレス) 到着


空港からホテルのあるブエノスアイレス市街地まで車で移動(30分)


14:00 ウォルドルフホテル チェックイン


早速ブエノスアイレスをプラプラ。

●ブエノスアイレスMAP

ホテルは中心地のモンセラート地区にあるからどこへ行くのも便利。

近くのレコンキスタ通りにはオープンカフェがたくさんあった。
天気がいいので私たちもここでランチタイム。

チキンが柔らかくてジューシーで美味しい!(232.10ペソ=3,945円)
ブエノスアイレスは南米一ご飯が美味しいって言われてるの!
これからの食事が楽しみ。

お腹がいっぱいになったので引き続きプラプラ。

五月広場に到着。

五月広場*******************************************************************************
ブエノスアイレスの中心広場でスペインの植民地として耐えられなくなり引き起こした「五月革命」に由来。
(1810年5月25日にカビルドで独立宣言)
広場中央には「五月のピラミッド」と呼ばれる五月革命1周年を記念して1811年に建てられた白い塔がある。
ブエノスアイレスで一番古いモニュメントで、塔の中にはアルゼンチン全土から持ち寄られた土が収められている。
五月広場は大統領府、カビルド、カテドラル(大聖堂)の3つの歴史的な建物に囲まれている。
**************************************************************************************

『大統領府』

大統領府(カサ・ロサーダ)************************************************************
カサ・ロサーダは「ピンクの家」という意味で、アメリカのホワイトハウスに影響されて?ピンクハウスと
呼ばれているらしい。「赤の党(連邦党)」と「白の党(統一党)」の対立が続く中、白の党から大統領と
なったサルミエントが対立の解消を意図して、外壁は赤と白の中間であるピンクに塗り上げられたと言われ
ている。また大統領府正面にある旗を持ち馬にまたがった像は、マヌエル・ベルグラーノ将軍(10ペソ札の肖像)
でアルゼンチンの国旗は彼によって創られた。
************************************************************************************

『カビルド』

カビルド*****************************************************************************
スペイン植民地時代は行政機関として、独立後は最初の市議会として使用された。
1810年5月25日にここの2階から独立が宣言された。現在、2階は5月革命博物館として公開されている。
************************************************************************************

カビルドの向かいにある『カテドラル』

カテドラル・メトロポリターナ(大聖堂)************************************************
18世紀中頃から建設が開始され、1827年にようやく完成したネオ・クラシック様式の大聖堂。
現ローマ法王(第266代)のベルゴリオ枢機卿(法王名はフランシスコ1世)が大司教だった。
12人の使徒を表す12本の柱、その上のモチーフは見もの(写真下) ************************************************************************************

正面右側の炎は完成当時から絶えることなくずっと燃え続けているんだって!!

中に入るとすごく広くてステンドグラスが立派!!!


左右にはいくつか窪みがあってそれぞれ違うものが置かれてたよ。


正面右側に護衛兵にしっかり守られた、柩が安置された部屋があった。

この柩はホセ・デ・サン・マルティン将軍のもので、南米解放の父と呼ばれ、
アルゼンチン、チリ、ペルーを独立に導いた人なんだって。
この人の命日は国民の休日になっているくらい有名な人らしい。

ちょうど交代式が見れたよ。(護衛兵の軍服は、ホセ・デ・サン・マルティン将軍が率いた独立軍のデザインを復元したもの)

アルゼンチン、チリ、ペルーの聖女の像が彼の柩を囲んでる。

こんなに大きくて厳粛な雰囲気漂う教会は初めて!!
なんだか心が落ち着いたような。


5月広場の通り沿いにあったチョコレート屋さん「Abuela Goye Chocolaterie」でちょっと休憩。


チョコレートとキウイのジェラート(31ペソ=527円)

すっごく美味しかった!!

5月広場から少し歩いてみたよ。

街並みがヨーロッパみたい。

5月広場からまっすぐ進み7月9日大通りへ。

正面に見えるのは「オベリスコ」


7月9日大通り************************************************************************
7月9日大通りは独立記念日をその名にしている。
前述で1810年5月25日にカビルドで独立宣言をしたと記したが、実はこれはブエノスアイレス以外のアルゼンチンの
各州がスペインから独立を宣言しただけ。ブエノスアイレスだけは利害が一致しなかったためにこれに加わらず、
6年後の1816年7月9日に完全な形で独立した。
************************************************************************************

道路の真ん中はバスターミナルになってる。

通り沿いにある「コロン劇場」

コロン劇場*************************************************************************
ミラノ(イタリア)にあるスカラ座に次ぐ世界第二の大きさで、パリ(フランス)のオペラ座と合わせて
世界三大劇場とされている。
************************************************************************************

上の写真はコロン劇場の裏側で、正面はこっち↓

コロン劇場も素敵だけど、周りにも素敵な建物があった。
でもガイドブックにも載ってないし何の建物かは分からなかったよ。


19:30 夕食

ホテルのすぐ先にあるレコンキスタ通りはBarが多くてすごい賑わってた!!

その中でも特に賑わっていた「PORTO PIRATA」

イメージはカリブの海賊??って感じの店で、
長くて大きなピッチャーみたいのに入ったビールをみんなで飲むのがオススメみたい。

テレビで見てずっと気になってたミラネッサを食べたよ。あとナチョス(183ペソ=3,111円)

ミラネッサはカツレツの上にチーズとトマトがのってるの。
生地がカツレツのピザみたいな感じかな。
カツレツはビーフかチキンが選べる。私はチキンにしたよ。
ボリューム満点でお腹いっぱい!!


22:00 就寝 



08:00 起床 朝食ビュッフェ

アルゼンチンのパンはやっぱりパサパサで美味しくない・・・

今日は移動日。ペルーのリマに行くよ。
明日からハードスケジュールになりそうだからチェックアウト時間ギリギリまで休憩。


12:00 ホテル チェックアウト


ランチを食べにフロリダ通りをプラプラ。

フロリダ通りは、レストランやカフェ、お土産屋さんがたくさんある。

昨日アイスを食べたチョコレート屋さん「Abuela Goye Chocolaterie」でお土産を購入。


13:00 ランチ

結局昨日の夜と同じレコンキスタ通りにあるBarに来たよ。

「PUB RECONCUISTA」

昨日の夜すごい混んでたから気になってたんだ。


今日もまたミラネッサ!!とパスタ(120ペソ=2,040円)

昨日のより美味しい!!
モスチキンみたいにサクサクなの!
パスタはのびのびでうどんみたいで美味しくないよ・・・

空港に行くまでまだ時間があるのでレティーロ地区にあるサン・マルティン広場へ。


サン・マルティン広場にはサン・マルティン将軍の騎馬像があった。

サン・マルティン将軍は昨日行った「カテドラル・メトロポリターナ(大聖堂)」に安置されている人だよ。

リベルタドール大通りを挟んでサン・マルティン広場と向かい合ってあるのがアルゼンチン空軍広場。
ここにはイギリスから寄贈された英国塔があるの。

大時計は30分おきにロンドンのビッグベンと同じ音で時を告げるんだって。

アルゼンチン空軍広場の向かいにはレティーロ駅。


15:00 ホテルから空港へ


19:00 (ARGENTINAS航空)エセイサ空港(ブエノスアイレス) 出発


23:00 リマ空港 到着


23:15 コスタデルソル・ラマダホテル チェックイン


ついにペルー入り。
続きはペルー編で。


このページのtop PERU

TRIP

Asia

Japan

Korea

Macau

Taiwan 2006.3

India 2007.3

Cebu 2009.9

maldives 2014.8

America

Hawaii 2008.1

LasVegas-NY 2011.12

South America

Peru-Argentina2013.10

Africa

Tunisia 2005.11

Morocco 2008.11

Meast

Turkey 2006.3

Europe

France 2009.12

UK 2012.9

Oceania

Australia 2011.8

MAP

DIARY

ABOUT

HOME